白と色々。

シンプルライフを目指して断捨離中。日々の暮らしを絵日記で綴ります。

ヘアオイルがあるとき、ないとき

f:id:waka2light:20161103182452j:plain


ヘアオイルをちゃんと塗ってから寝ると、寝癖がつかないことに気付きました。

髪の乾燥を防ぐだけじゃなく、そんな効果もあったなんて、目からウロコです。

寝癖って、髪の乾燥も原因のひとつなのかもしれませんね。
寝る前のひと手間で、翌朝が楽になるので、これからも続けたいです。


ヘアオイルは必要ないと思っていました

カラーもパーマもせず、現在はショートカットなので、髪が傷むということがほとんどありません。
毛先がパサつくこともないので、シャンプーとコンディショナーだけでトリートメントは使っていませんでした。

ドライヤーで乾かすときに、トリートメントやオイルをつけると良いということは知識としてありましたが、自分には必要ないと思っていたんです。

ミーハー心でオイルを使ってみたら、とてもよかった

スキンケアはナチュラルなものにしたかったので、雑誌で椿油やあんず油のことを知って「これいいな~」と思いました。
ヘアオイルは別になくても生活に困らないけれど、使ってみたくなったので、口コミを見て「甘い匂いがする」と書いてあったあんず油を購入しました。

使ってみると、確かに良い!
髪が以前よりもさらさら、つるつるになりました。


一番驚いたのが、翌日の寝癖です。
オイルを使っていなかった頃は、朝起きると芸術的な髪型になっていました。
良くもまぁ、こんなにも立体感が出るものだ。という感じ。
私の頭は、左上のあたりにつむじがあるので、特にその辺りから癖が出ます。
右側はきれいにまとまっていても、左上だけもっさりと浮き上がってしまうんです。

それが、オイルを使った翌日は、ほとんど寝癖がつかないんです!
毛先のパサパサした感じや、いわゆるアホ家がぴょんぴょんと飛び出したりもあまりしません。

以前は、朝起きてから髪型を整えるために、頭全体を水で濡らしてブローしていました。
でも、オイルを使うようになると、その手間がほとんどなくなったんです。
ちょっと癖がついてるかなと思うところだけ軽く濡らして、そのまま自然乾燥でOKです。

お風呂上りのケアが、翌日のラクとキレイを作る

ひと手間かけて、お風呂上りにヘアオイルを使うことで、翌日の朝の支度がグッと楽になりました。
髪質も良くなったので、良いことづくめです。

今でもたまに忘れてしまうことがありますが、毎日のケアとして続けていきたいです。