白と色々。

シンプルライフを目指して断捨離中。日々の暮らしを絵日記で綴ります。

無印の乳液

f:id:waka2light:20160528182149j:plain


無印良品の化粧水と乳液を愛用しています。

乳液って、無印のものに限らず、残りが少なくなると出にくくなりますよね。
うまく綺麗に使い切る方法はないものか…とずっと考えていますが、正解にたどり着けません…



無印良品のスキンケアを愛用中

スキンケアはシンプル(かつリーズナブル)にするのがモットーなので、化粧水と乳液は無印良品の敏感肌用を使っています。
ボトルのデザインがシンプルなのもお気に入りです。

乳液が出にくくなる現象

これは、無印良品の乳液だけではなく他社の製品でも感じることなのですが、乳液って最後まで使い切るのが難しくありませんか?

化粧水のようにさらさらだとボトルからスムーズに出るのですが、乳液のようなテクスチャだと残り少なくなると出にくくなります。

最後まで使い切る努力

とにかく振る

遠心力でなんとか出します。
歯磨き粉でも、マヨネーズでも、残り少なくなったらとりあえず容器を振ります。

乳液は、振ってもなかなか思うように出ません…

逆さまで保管する

重力を味方につけます。
保管するときに逆さまにしておけば、乳液がちゃんとボトルの口に溜まるので、出すときはスムーズです。

ただ、この方法は、キャップを開けた瞬間にあふれ出てくるので「アワワワ」となってしまいます。

便利な道具を使いましょう

この件をInstagramに投稿したところ、「無印に専用ポンプが売っていますよ」とコメントをいただきました。
ありがとうございます!

そうですよね!
消費者の意見を取り入れてくださる無印良品、やはり使い勝手がよくなる道具をちゃんと用意してくださっているのですね!


日々の小さなストレスを減らすことも、快適な暮らしには大切だなぁとしみじみ。