白と色々。

シンプルライフを目指して断捨離中。日々の暮らしを絵日記で綴ります。

断捨離したもの(マウスパッド)

f:id:waka2light:20160528182326j:plain


いくら片付けていても、机の上がスッキリしないのが気になっていました。
原因は、机と同系色のマウスパッドでした!

「なくても困らないな」と思ったので、断捨離することにしました。

あるのが当たり前だったマウスパッド

机をすっきりと片付けたつもりでも、なんだか物が多いような気がするなぁと思っていたら、パソコンのキーボードの横にマウスパッドを敷いてありました。
このマウスパッドは、何かのオマケだったかで手に入れたもの。
自分で選んで購入したものではありません。
机の色とほぼ同じなので、特に目障りということはなかったです。

「使う」というよりは「置いておく」もので、しかも特に邪魔になるものでもなかったので、それこそなんとなく置いてあったんです。

マウスパッドの必要性とは

マウスパッドって、無くても良いものだと私は思っています。
マウスの形状にもよりますが、普通の机であれば、特に問題なくマウスは使えます。

ガラステーブルのように透けているテーブルであれば、マウスパッドが必要になるそうですね。

机の上にあってもなくても特に気にならなかったものなので、私にとっては必要ないものだったのでしょう。

あって当たり前、本当は必要ないものってもっとありそう

こんな風に、日常生活に溶け込みすぎて、必要かどうかすらわからずに置いてあるものって、たくさんありそうな気がします。
あっても邪魔になるほどではなく、無くても困らないもの。
もちろん、特に思い入れがあるわけでもなく…

そういうものこそ、断捨離すべきかなと思います。
思い入れがないものを置くくらいなら、本当に気に入ったものを置きたいからです。

もうちょっと部屋の中を注意してみれば、今回のマウスパッドのように「あって当たり前だけど、本当は必要ないもの」がどんどん出てきそうな気がします。

物を買うときも「なぜこれを自分の家に持ち込むのか」を一度考えてから買うようにしたいなと思います。
そうすれば、きっとこれ以上物が増えることはないはず。