白と色々。

シンプルライフを目指して断捨離中。日々の暮らしを絵日記で綴ります。

夜空を見る楽しみ。早く電気を消すと寝つきが良くなった

f:id:waka2light:20160610124333j:plain


夜、窓を開けて夜空を見るのが最近の楽しみです。

今までは、寝る直前まで電気をつけていましたが、最近は部屋の電気を早めに消しています。
寝つきも良くなり、ゆっくりとした時間を過ごせます。


目次

寝つきの悪さに悩んでいました

子どもの頃から、なかなか寝ない子でした。

今でも、ベッドに入ってから眠りにつくまでに1時間以上かかるのが普通です。

睡眠障害かどうかの基準として
ベッドに入ってから寝付くまでに30分以上かかる
というのがありますが、その基準であれば、私は子どもの頃からずっと睡眠障害ということになってしまいますね。

一応、日常生活に支障がなければ障害ではないとのことです。

最近、余計に眠れなくなった…

最近は体調が低空飛行ということもあって、寝つきがよくありません。
眠れないまま、外側明るくなっていることもしばしば。

それでも、朝ちゃんと起きて、昼間も眠くないので、特に問題はないのかもしれません。
睡眠不足だと、体はしんどいですけどね…

部屋の電気を早く消してみることに

部屋の電気を早めに暗くすると眠くなるよ」というアドバイスを受けて、実行してみました。

今までは、お風呂から上がってベッドに入るまでの1時間くらい、ずっと電気をつけていました。
それを、お風呂から上がって身支度を済ませたら、部屋の電気を消すスタイルに変えたのです。

スキンケアをしたりヨガをしたり

真っ暗の部屋の中で、じっくりとスキンケアをしたり、ヨガをするのはとてもリラックスできます。
真っ暗にしても、カーテンを開けておけば、外の光が少し入るので周りは見えます。

星空を眺めたり

ヨガが終わったら、ボーッと空を眺めて、星を観察します。
窓側に頭を向けて、床に寝転がるのも良いです。

今の季節は、昼間暑いですが夜は涼しい風が入ってきて心地よいです。
坐禅を組むこともあります。

結果:寝つきがちょっと良くなった!

昔からの寝つきの悪さは簡単に変わるものではありませんが、寝付けずに朝を迎えることは減りました。

眠いな~と思いながらベッドに入ることができるので、寝られないストレスを感じることも減りました。


寝る前に早めに電気を消す生活、おすすめです!