白と色々。

シンプルライフを目指して断捨離中。日々の暮らしを絵日記で綴ります。

梅雨の体調不良の改善方法

梅雨は、天気がころころ変わって体調を崩しがち。

対策は、血流を良くすることだそうです。
簡単にできる方法をご紹介します。

梅雨の体調不良は低気圧のせい

梅雨の時期は、晴れたり雨が降ったり、暑くなったり寒くなったりで体がついていきません。
体調不良になるのも無理はないと思います。

また、低気圧の影響によって、自律神経が乱れて調子が悪くなります。
気象病といわれています。


虚弱体質の私も、梅雨の時期は苦手です。
弱いなりに少しでも楽にするための方法を実践しているので、いくつか紹介します。

血流を良くすることが大切

ちょっと頭が痛いとかだるいといった軽い不調であれば、血流を良くすることで改善が期待できます。

肩回し

文字通り、肩をぐるぐる回します。
肘を曲げた状態で回してもいいですし、背泳ぎをするようなイメージで腕ごと回すのもおすすめです。

肩甲骨を動かすように意識すると、血が巡ります。
肩凝り改善にも良いです。

耳もみ

頭痛やめまいが酷くて動けないよーっていう方には、耳を揉みほぐすのがおすすめです。
耳にはたくさんのツボがあるので、軽くつまんで引っ張ったり揉みほぐしたり、ぐるぐるしたりしてみてください。

めまいは、耳の後ろ側をなでるようにすると良いですよ。

スクワット

スクワットは、体の中でも特に大きい筋肉を動かす運動です。

大きな筋肉を動かすと、効率よく血流が良くなります。
冷え対策にもおすすめ。

腰を痛めている方は気をつけてください。

ウォーキング

雨が降っているとなかなかできませんが、ウォーキングは誰でも取り組みやすい運動です。
全身を動かし、足の裏を刺激して血流が良くなります。

パソコンの画面を見すぎて疲れたとか、肩凝りからくる頭痛がする時、ちょっとウォーキングをするだけで治ります。

2〜30分歩けるのが理想ですが、難しければ10分程度でも。

雨の日は家の中で足踏みするだけでも効果があります。

お風呂

蒸し暑い日でも、シャワーで済まさず湯船に浸かってください。
体の芯から温まって血流が良くなります。

リラックス効果もあります。
ぬるめのお湯に長めに浸かると、汗がかけるので、汗をかきにくい人にもおすすめです。

ちょっとの心がけでちょっと楽に

ベッドから出られないほどの不調はなかなか治すのが大変ですが、ちょっと調子が出ないなぁという時には、血流をよくすることを心がけてみてください!