白と色々。

シンプルライフを目指して断捨離中。日々の暮らしを絵日記で綴ります。

夏が来たのでカーペットを敷くのをやめてみた

今までは季節に関わらず敷いていたカーペットを片付けました。

「フローリングにはカーペットを敷くものだ」
と思い込んでいたので、カーペット無しの快適さに驚いています。

この夏は、フローリングで涼しく過ごします。

「カーペットを敷かなければならない」という思い込み


生まれてからずっと、カーペット生活でした。

親がずっとカーペットを敷いていた理由は
フローリングが傷つくから
です。

他にも、足が冷えるとか色んな理由があるようですが…


そんな親の元で育ってきたので、子どもの頃から、フローリングの部屋には必ずカーペットを敷くものだという先入観がありました。

カーペットのデメリットに気付いた


カーペットを敷いていると、いくら薄いものといえども、床に大きな物がのっている状態です。
なるべく床の色に合わせたものを敷いても、圧迫感があります。

部屋をいくら片付けてもなんだかスッキリしないのは、カーペットがあるからかもしれないと気付きました。


あとは、掃除が大変です。
カーペットには掃除機が必須ですが、重たいので面倒なんです。

飲み物をこぼした時なんて最悪です…
洗濯機で洗えるカーペットを使っていますが、大きいからとにかく面倒です。

カーペットを片付けようとしたら…


カーペットを洗って、そのままクローゼットに片付けようとしたら、母登場。

床に傷つくから、カーペット敷いとき!!


しかし床を見てみると、カーペット以外の部分は既に傷だらけ。
今更傷を防止しても仕方ないでしょう…と思い、強行突破しました。


一応、こたつの脚の裏には傷防止のコルクシートを貼っておきました。

カーペットのない生活、快適すぎます!


カーペットがないと、やっぱり掃除が楽です。
普段はクイックルワイパーだけで部屋の床全体の掃除が完了します。

ベッド下の物もなくしたので、ベッド下までスイーっと。


あとは、夏はやっぱり涼しいです。
夏でも靴下を履いているので、足が冷えすぎることはありません。


もっと早く片付ければよかったな。