白と色々。

シンプルライフを目指して断捨離中。日々の暮らしを絵日記で綴ります。

夏こそ靴下を履くのがおすすめ!夏の冷えとりの話


普段は4枚重ねで履いている冷えとり靴下ですが、夏は2枚に減らしています。

外出のときは、ファッションに合わせてフットカバー1枚に。
夏の冷えとりは無理しません。


夏の冷えとり

冷えとり靴下を履いています。

www.wakalight.net


4枚重ねが基本ですが、夏は2枚にします。

内側が絹、外側が綿で作られた靴下があり、1枚履くことで絹と綿を2枚重ねたのと同じような効果があるそうです。
その靴下を2枚履きます。


私が冷えとり靴下を購入しているのは、シルクふぁみりぃさんがメインです。

天然素材の靴下でも、比較的リーズナブルなところが魅力です。

夏に2枚にする理由


夏も4枚履きした方が、冷えとりとしては良いはずです。
私自身も、4枚履いていても特に暑いとは思いません。

でも、あえて夏は2枚に減らします。


なぜかというと、夏の4枚に慣れてしまうと、冬に4枚で耐えられなくなるからです(笑)


夏4枚→冬寒いから6枚にする→夏そのまま6枚→冬寒いから8枚にする…

という風に、どんどん枚数が増えていってしまいそうです。


冷えとりとしては4枚以上重ねても良いのですが、これ以上靴下を増やすと管理しきれなさそうで…

冷えとりしていない人にも冷えとり靴下はおすすめ


冷えとりをしていない人にとっては「なんで靴下そんなに重ねるの!?」と、敬遠してしまうのも無理はありません。

でも、冷えとり用の靴下は、冷えとりをしていない人にもおすすめなんです。

エアコン対策に

夏だからといって、裸足でずっといるとエアコンで足が冷えることがあります。

上半身の寒さよりも、足先の冷えが堪えることってありませんか?

1枚でもいいので、靴下を履くことで足の冷えが軽減されます。

天然素材で汗を吸う

冷えとり靴下は、綿・絹・ウール・麻がメインでできています。
天然素材なので、汗をしっかり吸ってくれて、蒸れにくくサラサラを保てます。

夏こそたくさん汗をかくので、天然素材の靴下がぴったりだと思います。

5本指靴下なら、指の間の汗も吸ってくれて、足のニオイ対策にもなります。

意外とリーズナブルで質も良い

上記のシルクふぁみりぃさんでは、ほぼ綿の靴下であれば一足500円以下で購入できます。

重ね履きに対応しているので、ゆったりしていて締め付けないのも魅力です。


夏こそ靴下を履くのが良いかも

重ね履きをしなくても、夏に靴下を履くメリットはたくさんあります。

天然素材がメインの靴下なら、汗で蒸れにくいので快適ですよ。