白と色々。

シンプルライフを目指して断捨離中。日々の暮らしを絵日記で綴ります。

これから寒くなってくるので。足湯のススメ


8月も終わり、冷える季節になってきたので、足湯がおすすめです。

半身浴よりも手軽で、足先から全身がぽかぽかしますよ。


私が足湯をする理由

冷えとりでは、半身浴をすることが良いとされています。

ぬるめのお湯に長く浸かることで、体の内側からじんわりと温めるんですね。
熱いお湯に浸かって表面だけ温まるより、冷えにくいようです。


でも、私は半身浴ができません。
体力がなさすぎるというのもありますし、ぬるめのお湯でもすぐにのぼせてしまって、半身浴をすると気分が悪くなってしまうのです…

そこで、半身浴よりも体への負担が少ない足湯をしています。

足湯のやり方

足湯は、簡単に言えば、バケツにお湯をためて足をつけるだけです。
服を着たままでできるので、リビングで本を読んだりテレビを見ながらでもできます。

1.用意するもの

  • バケツ

足をつけられるバケツさえあれば、とりあえずはできます。
大きめの洗面器でも構わないのですが、できればふくらはぎくらいまではお湯に浸けたいのと、すぐにお湯が冷めてしまうので、やっぱりバケツがベストです。

  • タオル

足を拭くためのものです。

  • ヤカンかポット

バケツのお湯は徐々に冷めていくので、お湯を継ぎ足します。
ヤカンやポットにお湯を沸かしておいて(熱ければよいので、沸騰させなくても大丈夫)スタンバイしておきます。

2.バケツにお湯を入れる

ふくらはぎまで浸かるくらいのお湯を入れます。
お湯は42度くらい、お風呂より熱いなと感じる温度です。

足を入れると溢れる可能性があるので、7分目くらいまでの量で。

お好みで、入浴剤やアロマオイルなどを入れるのもおすすめです。

3.30分ほど足湯する

大体、30分くらいすると、足だけじゃなく全身がホカホカになります。

途中でバケツのお湯が冷めてくるので、ヤカンやポットに入れておいたお湯を足します。
熱いお湯なので、足にかからないように気をつけて。


足湯を終える前に、アツアツになるくらいの温度まで上げて、しっかり温まると良いそうです。

足湯の効果

足が冷えてどうしようもないなぁと思う時しかしないので、毎日やっているわけではありません。


冷えて冷えて仕方ないときは、靴下を重ね履きしても太刀打ちできないんですよね。
そういう場合は、熱いお湯で直接足を温めることで、効率よく冷えを解消できます。

足湯をすると、足のホカホカが結構持続するんです。
全身に温かい血が巡るので、体がスッキリします。


冷えとりにちょっと興味があるけど、半身浴は大変そうだなぁと思う方は、まずは足湯から始めてみてはいかがでしょうか。


www.wakalight.net