白と色々。

シンプルライフを目指して断捨離中。日々の暮らしを絵日記で綴ります。

靴底のすり減りは自分で直せる!シューズドクターでかかとを修理しました

靴底のかかとがすり減っているのを、セメダインシューズドクターというクツ底の補修剤を使って自分で修理してみました。

想像よりも綺麗に、気軽に修理できました。


靴底のかかとのすり減りがすごい

先日、靴の断捨離をしたときに、残す靴を見て驚きました。
どの靴もかかとがすり減っていたのです。

靴底のかかとがすり減るのは、歩くときの姿勢が悪いからです。
私は、猫背で、足を引きずるようにして歩く癖があるようで、そのためにかかとがどんどんすり減ってしまったようです。


www.rinsimpl.com

Rinさんのブログで、自分で靴底の修理ができる商品が紹介されていて「これだ!」と思い、早速私も試してみました。

シューズドクターでの修理方法

準備

今回は「セメダインシューズドクター」という商品を使いました。
紙やすりと、透明な板、ヘラがセットになっています。

50mlだと量が多いので、一足だけ修理したい場合は20mlがおすすめです。


こちらがすり減ったかかと。
一番下の層だけでなく、二番目の層まですり減りが…

作業の際には、汚れないように新聞紙などを敷きましょう。
汚れた部分を拭き取るために、古布などもあると便利です。

靴底は綺麗に洗うか拭いておき、付属の紙やすりで軽くやすります。


1.板を貼り付ける

シューズドクターがはみ出ないように、付属の透明な板をかかと部分に貼ります。

ただ、今回の靴は靴底が薄いため、板を貼ると隙間ができてしまいます。


ということで、クリアファイルを細長くカットして代用することにしました。

この通り。
板の上部が、仕上げたいかかとの高さにぴったり合うように貼り付けるのがコツです。

2.シューズドクターを塗る

キャップを開けたり閉めたりすると、このように伸びます。
これが手や服などにつかないように注意してくださいね。


気泡が入らないように、しっかりと詰めるように塗ります。
4mm以上塗りたい場合は、硬化に時間がかかるので、2回に分けて作業しましょう。


とりあえず大体塗ります。
後で修正できるので、ちょっと溢れるくらい盛っても大丈夫。


付属のヘラで表面をなめらかにしたら、こんな感じになりました。
靴底の部分なので、多少ガタガタでも問題なしです。


3.乾燥させて、仕上げ

大体24時間ほど乾燥させれば完成です。
今の時期は寒いので、もう少し長く乾燥させたほうが良いかもしれません。

仕上がりは少しガタガタになっていますし、元々の靴底よりもツヤがあるので、気になるようなら付属の紙やすりでなめらかにしましょう。
画像は、左だけ紙やすりをかけました。


このように、すり減ったかかとが蘇りました!

多少の色の差はありますが、わざわざ靴のかかとをチェックされるようなことはないと思うので、全然気にならない程度だと思います。


我ながら、うまく修理できたなと思います!

修理して、その後

修理するのが楽しくて、合計4足修理しました。

使ったシューズドクターは、50mlのチューブの半分くらいです。
保管しているうちに段々固まってくるので、次に修理したいと思う頃には使えなくなっているかもしれません。


修理した靴底は、特に問題なく履けています。
長時間歩いたときも、特に剥がれるようなことはありませんでした。


靴屋さんで修理するほどでもないような、リーズナブルなスニーカーなどを、気軽に直せるのでとてもオススメです!

早く次に直せる靴底ないかなーって探してしまっています。笑


◎関連記事◎

www.wakalight.net
www.wakalight.net