白と色々。

シンプルライフを目指して断捨離中。日々の暮らしを絵日記で綴ります。

【作り方公開】レザークラフトでiPhone6S手帳型ケースを作りました

iPhoneを新しいものに買い替えたので、ケースも新調しました。

レザークラフトで、世界で一つだけの手帳型ケースを作ってみました。

作り方を画像付きでご紹介します。

f:id:waka2light:20170309182308j:plain

今度はレザークラフトでiPhoneケースを作ってみました

以前、EDiTの手帳カバーをレザーで作ったという記事を書きました。

www.wakalight.net

この手帳カバーがとても気に入ったので、今度はiPhoneケースを作ることにしました。

画面も保護できる手帳型のケースで、iPhoneそのものを覆うのは市販のケースで、その周りを革でカバーするような形です。

iPhoneケースの作り方

材料

レザークラフトの詳しいやり方は、先ほどのリンクやレザークラフトについて解説されているサイトなどでご覧ください。

レザー

今回も、手帳カバーと同じ革を使います。

iPhoneケース&マグネット

手帳型のケースには、ハードカバーが使われている場合が多いです。

でも、ハードカバーって、ケースの上下が覆われないものが多いですよね。

そこから傷がつきそうだなと心配だったので、側面全体を覆うことができるTPU素材のソフトケース(セミハードケース)を使うことにしました。

どちらもダイソーで購入。

最近の100均では、こんなちゃんとしたケースも売っているんですねぇ。
わざわざケース作らなくても、これでいいじゃん…って思ってしまいました。

手帳型のは200円。
こちらは、手帳型ケースの型紙を取るためと、中に入っているマグネットを使うために購入しました。

接着剤

iPhoneケースを革に貼り付ける接着剤です。

プラスチックやポリプロピレンを接着できるものは少ないので、専用のものを選びましょう。

この接着剤は匂いもキツすぎず(多少はします)扱いやすくておすすめです。
ちょっと糸を引くので注意です。

※私が使ってみたところ、ちゃんと接着できましたが、パッケージに「TPU(熱可塑性ポリウレタン)を接着できる」とは書いていません。自己責任でお使いください。

その他

レザークラフトに必要な、麻糸や工具などなど。

1.革をカットする

まず、100均で購入した手帳型ケースを参考にして型紙を作り、それに合わせて革をカットします。

濃い茶色の革は、カットしてから「なんか違う…」と思ったので、後で違う形に変更しました。

2.裏面を処理

トコノールで革の裏面を処理します。

3.マグネットをつける

100均の手帳型ケースを分解して取り出したマグネットを、手帳のフラップ部分とベルト部分につけます。

茶色の革は、マグネットと同じ厚さです。

丸く穴を開けてマグネットを埋め込み、接着しました。

4.穴を開ける

カメラ穴、ストラップ用の穴、縫い目の穴を開けます。

カメラ穴は、100均のケースを参考にしてくり抜きます。

5.縫ってハトメをつけてコバを磨く

縫い目の穴に合わせて麻糸で縫い、ハトメをつけます。

コバ(革の断面)をトコノールで磨くことで、丈夫になり綺麗に仕上がります。

6.ソフトケースを貼り付ける

接着剤でソフトケースを革に貼り付けます。

接着剤はムラにならないように、附属のヘラでまんべんなく伸ばします。
カメラ穴の縁など、剥がれないようにキワまで塗ります。

透明なケースなので接着剤で貼った感じが丸見えになってしまいますが、iPhoneを装着したら見えなくなるので問題なし。

完成!

こちらが完成品です。

良い感じになりました!

手帳とお揃いです♪

作った感想

最初は接着剤ではなく両面テープで貼り付けようとしてすぐ剥がれちゃったり

購入したケースのカメラ穴が大きくて、調整が大変だったり

想像よりも時間がかかってしまいましたが、とても良いケースになったと自分では思います。


ポケットをつけたので、ICカードを入れることができます。

今まではICカードなどを持ち歩くためにパスケースを使っていましたが、必要なくなりそう。
持ち物を一つ減らすことができました。



◎関連記事◎

www.wakalight.net
www.wakalight.net


◎おすすめのブログテーマはこちら◎

ハンドメイドのある暮らし。
インテリア・雑貨・ハンドメイド大好き♪