白と色々。

シンプルライフを目指して断捨離中。日々の暮らしを絵日記で綴ります。

もしかして酷暑物件?新居選びで気をつけるポイント

8月も後半に入り、少し暑さが和らいできたような気がします。

でも、我が家はとっても暑い!
エアコンを24時間付けっ放しにしないと生活できません。

物件によっては、同じ気温でも熱がこもりやすく室内が暑くなってしまう場合があるようです。

これからお部屋探しをする方の参考になればと思います。

f:id:waka2light:20170816174232j:plain

覚悟してたけど、めちゃくちゃ暑い物件でした


春に物件探しをして引っ越した今の我が家。

築年数が古めのマンションです。

日当たりが良すぎることは内見の段階でわかっていたので、きっと夏は暑いだろうなぁ…と覚悟はしていました。


実際に夏を迎えてみると、想像を超えた酷暑物件でした。

こんな物件は暑い!

窓が南向きや西向き

南向きの物件は、日当たりが良くて人気ですよね。
冬でも暖かくて最高です。

でも、真夏は直射日光が入るので、部屋の中がサウナ状態になる場合があります。


西向きも同じです。
昼から夕陽が沈むまでずーっと日差しが部屋に入って暑いです。

窓の外を遮る建物がない

窓の外に高い建物がない物件は、見晴らしが良くて人気です。

でも、日光を遮るものがないので光と熱が直接入ってきます。

風通しが悪い

窓を一ヶ所開けるだけだと、室内に風が循環しにくいですよね。

風が一方向に流れる位置に窓がないと、風通しが悪くなり熱がこもりやすくなります。

最上階である

古い物件だと、屋根裏に断熱材がきちんと入っていないことがあります。
断熱材が入っていても、屋根の状態や断熱材の素材によっては、天井からの熱が部屋にどんどん伝わってきます。


屋根が日中の日差しでアッツアツに暖められ、その熱が夜になっても冷めません。

私が住んでいる部屋も最上階なのですが、驚くことに、手を天井に向けると明らかに温度が高いんです。

天井を触ると暖かいです。

この熱が部屋の温度を上げているんだな…と思いました。


マンションの最上階は暑いという話をチラッと聞いたことはありましたが、ここまでだとは思っていませんでした。

暑さ対策のあれこれ


住み始めてしまったので、暑さはなんとか乗り切るしかありません。

我が家で行っている暑さ対策です。

窓からの熱をシャットアウト


ベランダにはサンシェードを吊るして、直射日光を和らげています。

私が使っているものはこちらです。

ブラウンは日差しをよく遮ってくれますが、部屋が少し暗くなります。
暗さが気になる方にはベージュがおすすめです。


カーテンとレースは、紫外線カット加工と断熱加工されているものを使っています。

日中、使わない部屋はカーテンを閉めるとより効果が高くなります。

扇風機をフル活用

風通しがあまり良くないので、扇風機で風を作っています。

天井が暑いので、真上に向けられるサーキュレーターがあると良いのですが、今年は買うタイミングを逃しました…

エアコンは24時間付けっ放し


ずっとエアコンが効いた部屋にいると体に負担がかかりそうですが、それは冷やしすぎた場合です。

暑い外と涼しすぎる室内を行ったり来たりすると、自律神経が乱れて不調の原因になるからです。


外気温と室内温度の差を5℃以内にすることが大切です。


我が家は、室内が28〜29℃くらいになるようにエアコンを設定して、基本は付けっ放しです。


エアコンは、稼働させて部屋を冷やす時に一番電気代がかかるので、付けっ放しの方が電気代が安く済むとのこと。(機種や環境によります)

物件選びは、暑さも考慮しよう


私は暑さに弱い体質なのに、暑い物件を選んでしまって少し後悔しています。

でも、酷暑物件にもメリットはあります。

  • 洗濯物が劇的に早く乾く
  • 冬は暖かい

まだ真冬は経験していませんが、春のまだ寒い時期、実家では羽毛布団で寝ていたような気温でも、薄手の掛け布団だけで大丈夫でした。

夏に電気代がかかってしまう分、冬は節約できるかなと思います。


これから物件を選ぶ方で、夏の暑さをどうしても避けたいという場合は

  • 日当たり(直射日光)が控えめな部屋
  • 古めの物件なら最上階以外

を選ぶと良いと思います。


私は、次に引っ越すなら最上階以外にしようかな〜と思っています。


◎おすすめのブログテーマはこちら◎

ふたり暮らし生活
ふたり暮らしのライフスタイル
ミニマリストな生活 & シンプルライフ
暮らしを楽しむ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
シンプルライフ
ミニマリストになりたい
シンプルで豊かな暮らし
日常の小さなできごとを愛する生活
小さな幸せ