白と色々。

シンプルライフを目指して断捨離中。日々の暮らしを絵日記で綴ります。

ゴミ箱の嫌なニオイに。ニオイとり紙が手軽で効果絶大だった!

キッチンのゴミ箱のニオイが気になっていたのですが、「ニオイとり紙」という商品で楽に改善することができました!

f:id:waka2light:20170901162416j:plain

ゴミ箱が臭い…


キッチンで使っているゴミ箱。

気をつけていても、だんだん臭くなってくるのが悩みでした。

こまめに洗ったり、ゴミの中に重曹を振りかけたりして対処していたのですが、なかなかしっくりくる方法がなく。

もうちょっと良い方法はないかなぁと探していたところ、良い商品と出会いました。

ニオイとり紙でゴミ箱のニオイを取る!


エステー「脱臭炭 ニオイとり紙」です。


その名の通り、ニオイを取ってくれる紙です。


こんな正方形の箱に入っています。


トイレットペーパーのようなロール式。


内袋から出して、箱にセットして使います。


ニオイとり紙の使い方


好きな量だけ切り取って使います。

10リットルの袋に60cmが使用量の目安。

一つのミシン目につき15cmなので、4枚分ですね。

キッチンのゴミ箱に


我が家のゴミ箱は45リットルのゴミ袋が入るサイズなので、大体240cm分。

袋をセットする前のゴミ箱の底に敷いています。

これで、袋が破れていた場合にもれてしまう水分も吸ってくれます。


ゴミから出る水分がニオイの元になりやすいので、紙で吸い取れるのが良いなと思います。



我が家のキッチンのゴミ箱はこれです。
シンプルな白でお気に入りです。


生ゴミに


シンクには三角コーナーなどは置かず、スーパーの袋などを生ゴミ入れにして、使うたびにゴミ箱にポイしています。

生ゴミを入れる前に、ニオイとり紙を60cm分くらい入れておくと、生ゴミから出る水分を吸ってくれます。

その他の使い方

靴にくしゅくしゅっと丸めて入れておけば、湿気取りとニオイ取りの両方に役立ちます。


引き出しの底に敷いておいたり、収納に入れておいたり。

とにかくニオイが気になるところに入れておけるので、とても手軽です。

使い捨てなので、気兼ねなく頻繁に取り替えられます。

ニオイとり紙の効果!


半信半疑で使い始めましたが、これがもう大正解!!

ゴミ箱の底にニオイとり紙を敷くようになってから、ゴミ箱そのもののニオイがほとんどしなくなりました。

今までは、蓋を開けてゴミ袋を取り替えるたびに嫌な気持ちになっていたのに…


生ゴミの袋にもニオイとり紙を入れているので、ゴミ袋の中のニオイも減ったと思います。

あくまでも個人の感想ですが、暑い今の時期でも、蓋を開けても臭くなくなった気がします。




一つだけ、もう少し改善してもらえれば…と思うところは、ニオイとり紙のパッケージの箱です。

中の紙が少し取り出しにくくて、破れやすいんです。

トイレットペーパーを小さくしたような形状なので、スムーズに取り出せる容器に変えてもいいかなと思っています。

コスパはどう?


使い捨てですし、一度に使う量が結構多いので、コスパが気になるところ。


40m入りなので、生ゴミを捨てるために10リットルの袋に毎日入れて使うと約66回
2ヶ月は使えます。

一箱で450~700円くらいで購入できるので、一ヶ月数百円で嫌なニオイから手軽に解放されるなら、全然高くないと個人的には思います。

終わりに


こまめにゴミ箱そのものを洗ったり、生ゴミは臭わないように冷凍したりといった方法はいろいろあります。

でも、面倒くさかったりするんですよね~。

ニオイとり紙なら、ケースから引き出して好きな長さをゴミ箱や袋にサッと入れるだけなのでとっても簡単!

消臭効果も実感できたので、これからも使おうと思っています。

おすすめです!



◎おすすめのブログテーマはこちら◎

ミニマリストな生活 & シンプルライフ
暮らしを楽しむ
断捨離でゆとり生活
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
シンプルライフ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
ミニマリストになりたい
シンプルで豊かな暮らし
日常の小さなできごとを愛する生活
小さな幸せ