白と色々。

シンプルライフを目指して断捨離中。日々の暮らしを絵日記で綴ります。

シンプル洗顔が仇になった!石鹸の選び方

洗顔はなるべくシンプルに。
純石鹸で洗っていました。

でも、純石鹸を使うようになってから、肌が乾燥するようになり…

粉をふくようになってしまいました!

ここまで肌が乾燥したのは人生で初めて。
石鹸を違うものに変えました。

f:id:waka2light:20180613174229j:plain

シンプルスキンケアに憧れて


肌に負担をかけないように、メイクは石鹸で落とせるもの。
基礎化粧品もなるべくシンプルなもの。


以前は肌断食にも興味があって、ぬるま湯だけの洗顔をやっていたことがありました。
www.wakalight.net

これは結局、私の肌に合わなかったようで続かなかったのですが…


肌は、洗うときに特に負担がかかるものだと思うので、洗顔料は添加物が少ない石鹸を使います。

より添加物が少ないものをと思い、純石鹸を使い始めました。

シンプルだから良いというわけではない?


純石鹸というのは、成分が「脂肪酸ナトリウム」と「脂肪酸カリウム」が98%以上のものです。

成分に「石けん素地」などと表記されています。

グリセリンなどの保湿成分が入ったものもありますし、石けん素地100%の石鹸もあります。


合う人にはとても良い石鹸だと思うのですが、私の肌には合わず、ガッサガサになってしまいました…

化粧水などで後から保湿しても追いつかなかったです。

保湿成分が入った石鹸に変更!


純石鹸は添加物がほとんど含まれていないので、刺激が少ない石鹸です。
肌に合うならとても良いものだと思います。

でも、石鹸はアルカリ性なので、弱酸性の肌には刺激になってしまうことがあるそうです。


私のように合わなくて乾燥してしまう人は、弱酸性寄りの石鹸が良いようです。

私が今使っているのはこれ。

成分は以下の通り。

パーム脂肪酸グルタミン酸Na、水、セタノール、酸化チタン、EDTA-2Na

ミノンのスキンソープは弱酸性です。
ちょっと小さめの石鹸で、すぐになくなりそうな感じがしますが、洗い上がりはつっぱらないし乾燥もしなくておすすめです。


これも使ったことがあって、肌への刺激が少なく良かったです。
使っていた頃は、肌がすべすべになりました!

成分はこちら。

石けん素地、水、スクロース、グリセリン、ソルビトール、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド、グリチルリチン酸2K、スクワラン、エチドロン酸4Na


無添加の純石鹸と比べると色々入っていますが、どちらも敏感肌でも使える石鹸です。

年齢に合ったスキンケアを


最近になって、急に肌の質が変わった気がします。
今まで大丈夫だった石鹸や日焼け止めなどが合わなくなってきました。

歳…ですかねぇ…

しっかり保湿して、これまで以上に刺激を与えないスキンケアを心がけていきたいです。


◎おすすめのブログテーマはこちら◎

シンプル・ミニマルライフの美容と健康
ミニマリストな生活 & シンプルライフ
暮らしを楽しむ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
シンプルライフ
ミニマリストになりたい
シンプルで豊かな暮らし