白と色々。

シンプルライフを目指して断捨離中。日々の暮らしを絵日記で綴ります。

断捨離二周目!レターセットをしっかり処分

たくさんあったレターセット。

一度、断捨離して減らしたのですが、まだまだ多い!

本当に必要なものだけに絞り込みました。

断捨離二周目

断捨離を一気に終わらせるのが難しい人は、何段階かに分けてやるといいですよという記事を以前書きました。

www.wakalight.net

この方法で、机の引き出しの断捨離の2回目を行なっています。


1回目の断捨離で、不必要なものは大体処分し、量的には3割減くらいになりました。
それでもまだ物が多いと感じます。

もうちょっと手放す基準を厳しく設定して、2回目に挑みました。

レターセットを断捨離

まずは1回目

手紙を書くことが好きなので、たくさん持っていたレターセット。

文房具店や雑貨店で
「このレターセットで○○さんに手紙書いたら、きっと喜ぶだろうなぁ」
という感じで、柄の可愛さ重視でつい買ってしまったものです。

そういうレターセットって、一度○○さん宛に手紙を書くのに使ったっきり、その後は使い切ることなく放置されることになります。


以前行なった1回目の断捨離で、ある程度減らしました。

手放す基準は
好きじゃない。もう絶対に使わない、なくても困らないもの。
です。

これが減らした後の状態。

元々は、この量の3倍くらいありました。

封筒の郵便番号を書く欄が5桁のものまで置いてありました。
そんな時代もありましたね~。

1回目の断捨離を行なった結果、レターセットも一筆箋も10種類以上残してありました。

そして2回目

2回目の手放す基準は
これから数ヶ月以内に使う予定が無さそうなもの。
です。

だいぶ少なくなりました。

  • レターセット3種類
  • 一筆箋2種類
  • 封筒1種類

以上、合計6点を残しました。

レターセットは、柄が特に気に入っているもの。
一筆箋と封筒は、シンプルで誰宛にでも送れるもの。

そういう基準で選びました。

これからの手紙の送り方

すごく気に入っているレターセットは残しましたが、手紙って可愛いレターセットで送らなくてもいいのかもしれません。

真っ白な便箋と封筒に、自分で絵を描いたり、押し花を添えたりしてもオリジナリティがあっていいですよね。


今あるものを使い切るまでは、新しいレターセットは買わないでおこうと思いました。
可愛い柄のレターセットは、友人宛なら良いのですが、目上の方に送るときに気になります。

新たに買う場合は、誰に送っても大丈夫なシンプルなデザインにするべし!