手しごと

ピンを刺せない壁にカレンダーを飾る方法

 

f:id:waka2light:20170113195838j:image

※2019年6月18日更新

私の部屋の壁には、画鋲を刺すことができません。
それでもカレンダーを飾りたかったので、ちょっと工夫してみました。

クリップとフック、そしてひっつき虫というアイテムで、カレンダーも壁も傷付けずに飾ることができました。

重たいカレンダーを飾るのには向いていませんが、軽めのカレンダーであれば、ひっつき虫を使って簡単に飾ることができます。

写真つきで、ひっつき虫を使ったカレンダーの飾り方をご紹介します。

カレンダーが飾れない

私の部屋の壁は、壁紙の下が固いので、画鋲を刺すことができません。

両面テープを使うと壁紙が傷む可能性もあるので、ポスターなどを飾るときは、マスキングテープで貼っていました。

マスキングテープは剥がしやすいのですが、稀に壁紙や貼っているものの表面が破れてしまうことがあります。

2016年のカレンダーは、リンネルの付録でした。
ホチキスを外して一枚ずつバラして、マスキングテープで貼っていました。

この記事の下のほうに書いてあります。
www.wakalight.net

 

一枚ずつバラす方法は、写真と月のページが合わなくなってしまうので、できればそのまま飾りたいなぁと思い…

壁を傷付けず、カレンダーも傷付けず、うまく飾る方法を考えました。

スポンサーリンク

カレンダーを飾るのに必要な道具

ダブルクリップ

カレンダーを挟むのに使います。
今回は二つ使いました。

一般的な黒のものでも良いですが、ワイヤータイプだとすっきりしているのでおすすめです。

文具店や雑貨屋さんで一つずつ購入できたり、100円ショップでも似たものがありました。

フック

f:id:waka2light:20170113195850j:image

100円ショップで、4つ入りくらいで購入できます。
裏に粘着テープがついていますが、今回は使わないので剥がします。

ひっつき虫

ひっつき虫とは、練り消しのような柔らかい素材でできた粘着材です。

貼って剥がせるのがメリットで、ピンを刺せないような場所に使うのにとても便利です。

f:id:waka2light:20170113191232j:image

こんな風に、指で丸めて使います。

 

f:id:waka2light:20170113191227j:image

数年前に購入したものなのでパッケージデザインが現在と異なります。

愛用しているため箱がボロボロ。笑

ひっつき虫の使い方

過程の写真を撮り忘れたので、いきなり完成形です。

f:id:waka2light:20170113191238j:image

フックの裏にひっつき虫をつけ、壁にしっかりと貼り、ダブルクリップで挟んだカレンダーをひっかけています。

 

f:id:waka2light:20170113191242j:image

今回は2つ使いました。
フックの数を増やすほど、重さが分散されるので落ちにくくなると思います。

スポンサーリンク

注意点

ひっつき虫は重たいものを壁に貼り付けることができません。

ポスターやポストカードを1枚貼るなら問題ありませんが、重たいものを貼ると、ズルッと剥がれて落ちてしまいます

今回のカレンダーも紙7枚分で重いので、しばらくすると落ちるかもしれません…

 

※2019年6月18日追記※

数ヶ月経つと、重さでひっつき虫が伸びてカレンダーが少しずつ下にずれていきました
今回はいきなり地面に落下することはありませんでしたが、一年間きれいな状態を保つのは難しいかもしれません。

定期的に、ひっつき虫の状態をチェックして、接着の効果が薄れていたら交換してください

この方法を使うのは、落ちても問題ないものにしてくださいね。

今回の方法は、通常の使用法よりも重たいものを貼り付けているので、うまくいかない場合もあります。

壁紙の材質などでも使用できない場合があるので、事前にしっかりご確認ください。

【使用できないところ】
ざらざらした面、湿り・汚れのある面、繊維
※木や紙のような吸い込みのある物に使用すると、シミが残る場合があります。

何度も使えるソフト接着剤 ひっつき虫|コクヨ ステーショナリー

やっぱりカレンダーはそのまま飾るのが良い!

リンネルの付録のカレンダーは、毎月の花の写真がとても綺麗です。

カレンダーをめくるのがすごく楽しみなんですよね。

今回の方法は、クリップで挟むだけなので、跡は多少つきますが壁にもカレンダーにも穴が開きません

 

カレンダーは面積が大きく、部屋の印象を左右するので、お気に入りのものが良いですね。