断捨離

簡単にキーを外せます。キーボードを分解して掃除しました

 

f:id:waka2light:20161112200333j:image

キーボードって、奥の方まで汚れが入ってしまうのに、掃除するのが大変そうですよね。

キーボードのキートップを外して、綺麗に掃除しました。
ホコリがかなり溜まっていてびっくり。

一度全部キートップを外して戻すという手間がかかりますが、掃除するととてもきれいになりました。

キーを押すのが、掃除前よりもスムーズになったような気がします。

キートップの外し方や、掃除の手順をご紹介します。

今までやっていたキーボードの掃除

パソコンのキーボードって、毎日使うので汚れますし、ホコリが溜まります。

今までは、表面についたホコリを、ハンディモップや雑巾で拭くだけでした。

なんとなく

汚れが取り切れてないなぁ

と思っていましたし、実際にキーボードの隙間にホコリが溜まっているのが見えていたので、全部外して掃除することにしました。

スポンサーリンク

キーボードの掃除の仕方

※ここから、キーボードに溜まりに溜まったホコリや汚れの写真が出てきますので、ご了承ください。

かなり汚いです!!

 

1.キーボードの写真を撮っておく

どこにどのキーがあるのかわからなくならないように、事前に写真を撮っておきましょう

元に戻すときは、その写真を見ながら作業します。

2.キートップを外す

キートップを外す専用の道具があります。

この工具を使えば、失敗もなくスムーズに外せると思います。

専用の道具がなければ、マイナスドライバーを差し込んでも外せます。

割れたりする可能性もあるので、慎重に。

f:id:waka2light:20161112014651j:image

ちょっと力を入れると、てこの原理で外れます。
私は短いドライバーでやりましたが、長いドライバーの方が外しやすいです。

 

f:id:waka2light:20161112014712j:image

外すと、早速ホコリの塊が!!!
きたない!!!

3.キーボードを掃除する

コツを掴めば、簡単にキートップを外していけます。
ポンポンと外していくのが段々と心地よく感じられてきますよ。

ざっと外してみたら、大変なことに…

f:id:waka2light:20161112015024j:image
く、クモの巣でも張っているのか…?

これらのホコリは、ブロアーをつかって飛ばし、細かい部分は綿棒や布、爪楊枝で取りました。

キートップは水洗いもできるそうですが、今回はアルコールを染み込ませた布で一つずつ拭きました。

本体の方には、水気がつかないように注意しましょう

4.キーを元に戻す

これが意外と時間がかかります。
最初に撮った写真を見ながら、間違いのないようにパチンと押して嵌め込んでいきます。

パズルをやっているみたいで、意外と楽しいです。

全部のキーを元に戻すと、見違えるように綺麗に!

f:id:waka2light:20161112015225j:image

キーボードを綺麗にしてみて

表面のホコリは以前から掃除していたので、パッと見てそんなに違いはありません。

でも、隙間から見えるホコリがなくなり、全体的にピカピカになったように感じます。
心なしか、キーボードを押す感触も良くなったような。

 

ただ、掃除に結構時間がかかるのがネックです。
のんびりやったら、二時間くらいかかってしまいました

そこまでホコリが溜まる前に、定期的に掃除した方がいいですね。

 

なかなか掃除が行き届かない場所ですが、綺麗にすると気分が良いです。

ぜひ、汚れが気になるという方は、一度キートップを外して掃除してみてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめのキーボード掃除アイテム

この記事を読んで
「キーボード外すの面倒くさ!!」
と思ってしまったあなたには、こういう商品がおすすめです。

外して掃除するほどでもない汚れは、こういうアイテムで日頃から掃除しておくと良いですね!

ゲルの粘着力で汚れを取る

ゲルをキーボードの上にぺたーっと広げてから剥がすと、汚れが吸着されるという商品。

白い方で表面の汚れをサッと払い、反対側の黒い部分でキーボードの隙間を掃除できます。
ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
楽天ROOMはこちら。 わかこの楽天ROOM