白と色々。

シンプルライフを目指して断捨離中。日々の暮らしを絵日記で綴ります。

譲れない戦い?新居に持っていきたいものでモメる

新居に持って行きたいものが、彼と私でそれぞれあるのですが、お互いに反対していて意見がまとまりません。

こういうところで、上手に折り合いをつけていかないといけないのですね。
まだまだ話し合いは続きそうです。

新居に観葉植物を置いてほしくないと言われた

私は植物を育てるのが趣味で、部屋にもいくつか観葉植物があります。
二人で住む新居にも、もちろん持っていくつもりでいました。

彼は、インテリアに関しては全て私に任せてくれると言っていたので、観葉植物を置くことも全く問題ないと思っていたんです。


ところが!

「部屋に観葉植物を置くのは反対!」
と言われてしまいました。

彼が観葉植物を置くのに反対する理由

あくまでも彼の言い分ですが

  • カビが生える
  • 虫がわく
  • 人体に良くないものを発生させる

などなど。

確かにカビや虫の可能性はあるので、そこに関しては彼の言うこともわかります。
でも、人体に良くないものって何だ…?(まだ彼に詳しく聞いていません)

部屋でクワガタを育てたいと言われた

彼の趣味の一つに昆虫採集があります。
去年の夏もクワガタを捕りに行き、何匹か部屋で飼育しているという話は聞いていました。

私はてっきりクワガタは夏の間しか生きられないもので、冬になった今はもう飼っていないと思っていたのですが…

彼になんとなくクワガタがどうなったか聞いてみると
「クワガタ?飼ってるよ。今幼虫だよ」
とのこと。

なんと、捕まえたクワガタが卵を産み、そこから育っているというのです。
世代交代させるほどしっかり飼っているとは思っていなかったので驚きました。

私がクワガタを飼育するのに反対する理由

  • 虫がとっても苦手

これだけです…
子どもの頃はカブトムシやクワガタを飼ったりもしていましたが、大人になってすっかり虫全般が苦手になりました。

お互いにとって一番良い方法は?

こうやって意見が真っ二つになってしまった場合は、お互いに譲り合ったり妥協し合ったりして、ちょうどいい着地点を探すしかありません。

私ができること

  • 部屋で観葉植物を育てるのはやめて、ベランダでガーデニングを楽しむ

外で植物を育てることには彼も反対しないと思うので、これくらいが妥協ラインでしょうか。

  • 植物は諦める

彼がどうしてもイヤというなら、諦めるしかありません。

でも、切花も部屋に飾ってほしくないと言われて、ちょっと悲しいです…
それくらいは許してほしいなぁ。

植物に囲まれた部屋で生活したいというのは私の理想でもあります。

一度枯れかけてなんとか復活したので、愛着のあるガジュマル。
寒いので元気ないですが、夏にはしゃきっとなります。

彼ができること

  • 私が一切入らない部屋でクワガタを育てる

住む部屋の間取りにもよりますが、それぞれの部屋が確保できるのであれば可能ですね。

私の気持ちとしては、自分が住んでいる家に虫がいる~と思うだけでゾワっとしてしまうのですが…
でも彼の趣味を全面否定したくはありません。

  • クワガタを諦めて誰かに譲る

生き物なので、責任を持って飼わなければいけません。
飼えないから誰かに譲るというのも無責任な気がするので、なるべくこの方法は取りたくないなと思います。

どちらの「好き」も尊重できればいいな

一番良いのが、お互いの趣味を受け入れることです。

部屋に観葉植物をたくさん置いて、クワガタの飼育環境も整える。

これができればお互いに満足できるかな。

クワガタ…飼っているうちに慣れるでしょうか(^_^;)


◎関連記事◎

www.wakalight.net
www.wakalight.net