白と色々。

シンプルライフを目指して断捨離中。日々の暮らしを絵日記で綴ります。

旅行に持っていくコスメをコンパクトにまとめる方法

秋の行楽シーズンですね。
旅行に行かれる方も多いのではないでしょうか。

ついついかさ張って重たくなってしまうコスメをコンパクトにまとめてみました。

f:id:waka2light:20181029122318j:plain

旅行に化粧品を持っていくのが重くて面倒


あまり旅慣れているほうではないので、旅行や遠出をするときは荷物が重たくなりがちです。

特に、化粧品類が重たい。
実際に使うのはほんの少しの量なのに、パッケージが大きかったりして。


旅行に持っていく化粧品をコンパクトにまとめる方法をネットなどで見つけて、実践してみました。


今回は、一泊の旅行用にまとめました。

化粧品は、こうして持ち運ぶ!

クリーム系はコンタクトケースに

フルサイズだと大きくて重たいクリーム系。
ハンドクリームとか、化粧下地とか。

100均で購入できるコンタクトケースに入れると便利です。
水漏れの心配がないので、化粧水など液体も入れられます。

左には、スキンケアの万能選手のワセリン。
ポイントメイクのクレンジング、リップケア、ハンドクリームなどに使えます。

右側にはUVカット効果のある化粧下地が入っています。
化粧下地と日焼け止めは兼用にします。
真夏だと、この量では足りないかもしれません。

パウダータイプのファンデーションはコットンにイン


こちらも、とてもかさ張るファンデーション。

私はエトヴォスを使っています。

ブラシも含めて、こんなに大きなものを持っていくのは大変です。


ごく普通のコットンを用意して…

真ん中から二つに裂きます。
上から3分の2くらいまで剥がして、下の方はくっついたままにします。


この中に、1回分より多めのファンデ(パウダー)を入れて、裂いたところを合わせればOK。

実際に使う時は、このコットンをポンポンと顔にはたけばメイクができます。

化粧水と乳液はコットンに染み込ませる

2~3泊する時など、量が多ければ詰め替えボトルに入れれば良いのですが、1泊だったらそんなに量は必要ありません。

1回分ずつコットンに染み込ませて、ジップ袋に入れればコンパクトに持ち運べます。

ファンデも同じようにジップ袋に入れて。

チークはリップで代用

ファンデーションと同じようにチーク一回分をコットンに入れてもいいのですが、本当に少量しか使わないので、コットンに付く分がもったいない…

色つきリップをファンデ代わりにします。

塗ったところがテカるので、上からファンデでおさえます。

マスカラは普段からミニサイズ

大体の化粧品はコンパクトに分けて持ち運びできますが、マスカラは難しいですよね。

コンビニで売っているミニサイズのマスカラがおすすめです。

www.wakalight.net

普段から使っていれば、わざわざ旅行用に買う必要もありません。

アイシャドウはいらないやー

旅行の時って、そこまでバッチリメイクをしなくてもいいやという気分になります。

アイブロウペンシルをアイライナー代わりに使って、ちょっと目元をはっきりさせたらアイメイクは完了にします。

荷物を軽くして、快適な旅行を!


荷物が重たいと、それだけで疲れが増して旅行を楽しめなくなります。
化粧品をコンパクトにすれば、荷物をかなり減らすことができるので、ぜひお試しください!