白と色々。

シンプルライフを目指して断捨離中。日々の暮らしを絵日記で綴ります。

暦生活のスケジュールシールで、月と暦を意識して生活する。

暦生活のスケジュールシールを愛用しています。

月の満ち欠けや、二十四節気が可愛らしいイラストになっていて、手帳に貼るととても可愛いんです!

f:id:waka2light:20181126143735j:plain

スケジュールシールで手帳を可愛く


毎年、手帳にはスケジュールシールを貼っています。

手帳の記事はこちら。
www.wakalight.net

暦生活のスケジュールシール


私のおすすめは、暦生活さんのスケジュールシールです。




現在販売されているのは

  • 月(月の満ち欠け)
  • 行事(祝日と行事)
  • 季節(二十四節気と五節句)
  • 七十二候(春と夏)
  • 七十二候(秋と冬)

の5種類です。

私は、月、季節、七十二候のシールを貼って、月の満ち欠けと暦を意識した手帳にしています。

暦生活スケジュールシールの魅力


暦生活のシールは、手帳に貼りやすい小さめサイズ。

マスキングテープのような和紙のシールなので、半透明でちょっと透けます。
貼って剥がせるタイプなので、間違えて貼ってしまっても安心。


月の満ち欠けは、EDiTの週間ノートには元々表記されていますが、それでも上から貼りたくなる可愛らしさ!

ほっこりしたイラストで、手帳を開くのが楽しくなります。

リニューアルした嬉しいポイント

文字が入ってわかりやすく

去年までは、イラストのみで文字が入っていないシールでした。

イラストだけだと何を示しているのかがわからないので、自分で二十四節気を書き込んでいました。

こんな感じ。


今年からは、イラストの下に文字が入るようになったので、パッと見てわかるようになったんです!

これはとても嬉しいポイント!

七十二候のシールでより季節がわかりやすく

暦では、一年を24に分ける二十四節気と、それをさらに3つずつに分けた七十二候があります。

二十四節気も七十二候も、季節の移り変わりを表した素敵な言葉が使われています。


去年までは二十四節気のシールしかなかったので、七十二候はわざわざ手書きで手帳に書き込んでいたのですが…

今年は、七十二候のシールも登場!


清明と玄鳥至(つばめきたる)のシールを並べて貼ったら、とても可愛くなりました。

ちょっとした工夫で、毎日開きたくなる手帳に。


七十二候は約5日ごとに分かれているので、手帳を一枚めくったら、必ず1~2枚はシールが貼られている可愛い手帳になります。

貼るのがちょっと手間ではありますが、その作業もまた楽しいものです。


シンプルな手帳はあまり開く気になれなかったりしますが、見るたびに明るい気持ちになれるシールを活用するのはおすすめです。

手帳を買ってもあまり続かないという人も、可愛いシールがあれば使うのが楽しくなるかも!


暦生活さんのホームページはこちらから。
暦生活