白と色々。

シンプルライフを目指して断捨離中。日々の暮らしを絵日記で綴ります。

好みは変わる。シールをケースごと処分しました

ケースに入れて保管してあった、たくさんのシール。

最近では、使う機会も減りました。
マスキングテープをたくさん持っているから代用できるし、箱に入れるほどは必要ないなと思い、お気に入りだけ残して処分しました。

シールにハマっていた数年前

数年前まで、ノートや手帳をデコレーションするのにハマっていました。

無地のノートの表紙に、シールやマスキングテープ、雑誌の切り抜きなどでコラージュします。

手帳も、ペンで予定を書き込むだけより、シールを貼ったほうがカラフルになります。


カラフルでわくわくできるものを持ちたいために、たくさんシールを買い集めていたんです。

自分の中でブームが去ってしまった

買い集めたシールは全部、A4サイズのケースに入れて、本棚に立てて保管していました。


最近はそのケースを開けることも少なくなっていたのですが、久々に開けてみると、「今の自分が使いたい」と思える柄じゃなくなっていたんです。

今は、カラフルよりもシンプルなものが好きです。

好みって数年で変わるものなんだなと思いました。


そして何より、A4のケースが、継ぎ目から割れてしまってテープで補強してあるという、見た目からしてボロボロなもの…


こんなもの、部屋に置きたくない!!」と思いました。

ときめくものだけ残しました

シールを使う場面といえば、手紙を送るときに封をするくらいしか思いつきません。

手帳にシールを貼るのはやめました。
シールを貼った分だけ段差ができるのが嫌で…


持っているだけでときめくようなシールは、きっと使う時も楽しい気分になれると思います。
そうでないものは、手放すことにしました。


こちらがお気に入りのシール。
天体モチーフや植物モチーフが好きです。


ケースごとなくなったので、本棚がスッキリ。
あのボロボロのケースを毎日見なくてよくなったのも、心理的に良い効果があったと思います。