白と色々。

シンプルライフを目指して断捨離中。日々の暮らしを絵日記で綴ります。

断捨離の手が止まる…「実家に置いておきたいもの」で気付いたこと


引っ越しは半年以上先の予定です。

まだ先だと思うと、断捨離の手が止まってしまいます。

さぁ引っ越し準備だ!といっても…

引っ越し予定は来年春。
仕事やらなんやらの都合によっては、さらに延びる可能性もあります。

あと2~3ヶ月以内に引っ越しするなら慌てて準備を始めるのですが、半年以上も先だと思うと何から手をつけていいのかわかりません。


今まで順調に進めていた断捨離もちょっと手が止まっています。
時間があればあるほど、先延ばしにしてしまうんですよね…


夏休みの宿題やテスト勉強などと同じで、ギリギリにならないとエンジンがかからないタイプです。

実家暮らし故の甘え

引っ越しって、断捨離をするのにはちょうどいいタイミングです。


でも、ここでワナが。

一人暮らしをしている部屋からの引っ越しであれば、全ての物を処分するか持っていくかを選択しなければなりません。

でも、実家暮らしなので、私が引っ越した後も部屋は残ります。

どうしても
引っ越し先には持っていかないけど、置いておけるなら置いておきたい
という甘えが出てしまうんです。


たとえば

  • 画集や美術館で買った図録
  • 絶版になった本や漫画
  • 仕事で参考にすることがたまにあるデザイン関連の本

など。


こうしてみると、ほぼ本類です。
特に、絵や写真がメインのものが気に入っています。

同じ本でも、小説などは、今の段階でほとんど残っていません。

「置いておきたいもの」で見えてくる価値観

  • 絵を描くのも見るのも好きなので、画集や図録はできれば置いておきたい。でも新居に持っていくほどのスペースはなさそう。
  • 絶版になった漫画、古本屋さんをいくつも回って全部揃えたんだよな。読み返す度に元気をもらえる、自分にとってのバイブルなんだよな。
  • 普段は必要ないけど、数年に一度くらい仕事で必要になる本が結構あるなぁ。


本棚を見ていると、こういう気持ちが浮かびます。

私にとって、所有している物の中でも特に「本(絵がメインのもの)」が大事なのだと気付きました。

自分にとって大事なもの

ある程度断捨離を進めた現在、部屋にある物の中では本類の割合が多くなっています。

私は多趣味で好きなものが多いので、自分にとって、本がこんなにも大切だとは思っていませんでした。
断捨離を進めていくことによって、大切なものが見えてきたんです。


全てを新居に持っていくことはできませんが、自分にとって大事なものがわかったのは収穫でした。

これから、何を手放して何を残すか、じっくり考えていきたいです。