洋服

失敗したと思った青Tシャツ、うまく着こなせるようになりました。

デニムに合わせにくいので、買って失敗だと思っていた青Tシャツ。

試しにガウチョパンツと合わせてみるとしっくりきました。

「こうやって着なければならない」という思い込みを外すと、いろんな着こなしができるんですね。

青Tシャツを買って失敗。

以前、青いTシャツを買ったけどデニムと合わなくて(色が合いすぎて)失敗した話を書きました。

www.wakalight.net

ジーパンやデニムサロペットと合わせると、全身真っ青になってしまいます。

散歩や近所に出かけるときはサロペットを着ることがほとんどなので、青Tシャツを合わせられなくて困っていました。

スポンサーリンク

ガウチョパンツに合わせてみた。

ガウチョパンツは私の中では「お出かけ着」のカテゴリーだったので、ちょっと散歩に行くだけのために履くのってどうなんだろうと思っていたんです。

でも、試しにガウチョパンツと青Tシャツのコーディネートで散歩に行ってみました。

意外とええやん。

散歩・近所のお出かけにはジーパンかサロペットと自分で決めていましたが、ガウチョパンツはデニムよりも風通しが良くて快適。
しかもちょっとだけオシャレに見えます。

ガウチョパンツ、ありやん。

ということで、青Tシャツの活路が見いだせたのです。

思い込みを外すと、コーデの幅が広がる

「この服は、こう組み合わせるしかない」
「こういう場面では、このアイテムしか着ない」

そう思い込んでいると、服の出番が少なくなります。

ミニマリストを目指していると、手持ちのアイテムが厳選されてくるので、いろいろな場面や組み合わせで着回すことが増えてきます。

一つのものに色んな使い方を見出すって、ミニマリストに大切な視点ですね。

自由な発想で、手持ちのアイテムを着回してみると、意外と良い組み合わせが見つかることもあると実感しました。