断捨離

無料のものほど貰ったことを忘れる。展覧会のチラシを断捨離しました

どんどん溜まる展覧会のチラシやフライヤー。
自分が行っていないものまで置いてあったのにはびっくり。

処分してすっきりしました。

無料でもらえる展覧会のチラシ

美術館やギャラリーに行くのが好きです。

その時の展示以外にも、近隣の展示や今後行われる展示のチラシが、入口にたくさん置いてあって、無料でいただけます。

無料でもらえるし、今度行くかもしれないから
と、特に考えずに毎回色々もらって帰っていました。

スポンサーリンク

大半のチラシが、記憶にすら無かった…

私は、観に行った展覧会のチラシやフライヤー、チケットなどは、ほぼ日手帳に貼り付けるようにしています。


こんな感じ。
これは2月に開催された布博のものです。

ファイルボックスに入ったチラシなどは、入れたことすら記憶に残っていませんでした…

もちろん、デザイン的にすごく気に入ったものとか、行ってはいないけど自分の好きな作家の展示だったりすると、保存しててもいいかなと思うのです。

でも、記憶にも残っていないものは、置いておく理由がないですよね。

無料だからって気軽にもらわないようにする!

無料でもらえるものは、ついついもらってしまっていた私。

でも、それらが活用されることはなく、ファイルボックスに入れられたまま、見返すことすらなかったのです。

「必要がない」と思うものは、たとえ無料でももらわないのが一番だと思いました。

これって断捨離の基本ですね…

最近は、そういうことを意識してもらわないようにしていましたが、過去のものが残っていたのを見て改めて実感しました。

無料のものほど思い入れがなさすぎて、もらったことすら忘れて放置してしまう
ということが身に沁みてわかりました。