手しごと

緑のある暮らし。ユーカリのリースの作り方

ユーカリのリースを作りました。

部屋に緑が増えて爽やかです。

リースの作り方を写真つきで紹介します。


用意するもの

  • リースの土台

100円ショップで購入できます。
ツルが編まれたものがおすすめです。

  • ユーカリ、お好みの植物
  • 必要なら針金
スポンサーリンク

1.ユーカリの下準備

ユーカリを大きな枝から切り離し、程よい長さにします。

根本の葉は取り除いて、茎を長めに残してください。

2.リースにユーカリを差し込む

リースのツルの隙間に、ユーカリの枝を差していきます。
全体のボリュームを見て、バランスよくなるように。

矢印のように、一方向に流れるように差していってください。

スポンサーリンク

3.必要なら針金で固定する

ユーカリの先がぴょんぴょん飛び出してしまう場合は、針金を茎に巻き付けて、リースに固定します。

4.完成!

土台が大体見えなくなれば完成です。

ドライになるとボリュームが減るので、スカスカになってしまう可能性も。

そうなったら、また新たに植物を足してもいいですね。

ユーカリのリースを飾ってみて

かかった費用

ユーカリは年中手に入りますし、リーズナブルです。
私は、1mくらいの枝を300円で購入しました。
土台は100円。
3分の1くらい葉が残ったので、材料費は400円以下!

飾った感想

ユーカリのみのシンプルなリースですが、部屋に緑があるととても良いです。

ユーカリは、良い香りがしますし、ドライになってからもしばらくは香りが持続します。
ハーブみたいな、スーッとする香りです。

自分で作ると、枯れて色褪せてしまっても、処分するのに惜しくありません。
季節ごとに替えて楽しめるのでおすすめです。

ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
楽天ROOMはこちら。 わかこの楽天ROOM