白と色々。

シンプルライフを目指して断捨離中。日々の暮らしを絵日記で綴ります。

貶すコミュニケーションより褒めるコミュニケーションがいい

先日行った美容室で、美容師さんがあれこれ褒めてくれました。

褒められるのって気分が良いですよね。

仲が良いからこそ相手を貶(けな)して盛り上がるコミュニケーションもありますが、私はどうせならお互いの良いところを褒めあうコミュニケーションがいいなと思います。

f:id:waka2light:20180820184606j:plain

美容師さんが褒めてくれた


先日、ヘアドネーションをした時に行った美容室。

www.wakalight.net


初めて行った美容室でしたが、美容師さんがとても褒め上手でした。

「髪質が良いですね!」
「頭の形が綺麗ですね!」

といった感じ。

もちろん、美容師さんもお仕事ですので、営業トークであるということは理解しています。

それでも、褒め方がとても自然で、全く嫌味がなくて嬉しかったです。
その日は一日気分良く過ごせました。

うちの夫は貶すタイプ


仲が良い関係だと、相手を貶すコミュニケーションってありますよね。

「お前、バカだな~」(関西弁なら「お前アホやな~」)


私は、こういうコミュニケーションが苦手です。
中途半端に真面目な性格なので、冗談だとわかっていても「しんどいな~」って思ってしまいます。


しかし、一番身近な存在であるが、この「貶すコミュニケーション」が好きなタイプなのです。
気心の知れた男友達に言うノリで、私にもつい言っちゃうそうです。


冗談だと私もわかっていますが

わかこってブ○だから~笑

わかこは色気がないもんね~笑

とか言ってくることがあります。


いや、わざわざ言わんでもええやんそんなこと!
って思っちゃうんですよねぇ。


夫は笑いながら
「冗談だよ!思ってないよ、そんなこと!」
って言いますが、
全く思ってもいないことだったら、発言として出てくるわけないですよね???


やめてほしいと伝え続けた結果


夫が私を冗談で貶してきたときは、なるべく反応しないようにしていました。

そんなこと言わないでよ~

なんて言うと、そこでコミュニケーションが成立してしまうからです。


時々、真面目に
「そういうこと言われるの苦手やねん」
「そんなこと言って、私が喜ぶと思ってるの?」

といった感じで返します。

悪い冗談には、あえて真面目に返すのが良いかもしれません。


そうやっていくうちに、夫は
「わかこは、貶されると傷つく。
こういう冗談を笑えないタイプである」

とわかってくれるようになり、今ではあまり貶してこなくなりました。


「貶されても嬉しくないから褒めてほしい」
と常々伝えていたので、夫はしばしば

わかこは可愛いね!

俺は本当に良い人と結婚したなぁ!!

と言ってくれるようになりました。

ご機嫌取り感は否めませんが、悪口言われるよりよっぽど良いですね。

冗談は、相手が笑ってこそ成立する


こういうことを言うと

「冗談が通じないやつは面白くない」
といった反応が返ってくることがあります。

付き合いにくい人だなと思われることもあるでしょう。


でも、冗談って、相手や周りが笑ってこそ成立するものだと思うのです。
誰か一人でもその場で嫌な思いをしていたとしたら、その場での親睦を深めようとするコミュニケーションは失敗していると思います。


冗談だと受け止められない方を悪いとする風潮は嫌だなぁ。
「冗談だ」って言えば、何を言ってもいいってわけじゃないしなぁ。


冗談は、円滑なコミュニケーションには必要なもの。
誰も傷付けることのない冗談を言える人が素敵だなと思います。


お世辞で褒め合う関係もまた白々しい感じがするので、先日褒めてくれた美容師さんのように、私も自然に相手を褒められるようになりたいなと思いました。



その他、夫とのコミュニケーションで心がけていることはこちら。

www.wakalight.net