台所

自分に合うタッパー探し。ジップロックとイオンを比較

f:id:waka2light:20190328184900j:plain

おかずの保存に大活躍のタッパー。

今はジップロックコンテナーを使っていますが、もっと自分に合ったものはないかなと探しています。

今回は、イオン「HOME COORDY そのままレンジ保存容器」を購入してみました。

タッパー難民です

多めにおかずを作って保存するので、タッパーは必需品です。

実家暮らしの頃に、母がジップロックコンテナーを使っていたので

タッパーといえばジップロックコンテナー

というイメージがあり、私も同じように購入して使っていました。

ジップロックコンテナーは、使い勝手が良いタッパーです。
でも、使用歴2年で、良いところも気になるところもあると感じてきました。

もっと自分のニーズに合ったタッパーがあればいいなと思い、巷で人気のイオンのものを購入しました。

スポンサーリンク

ジップロックコンテナーについて

ジップロックコンテナーは、フリーザーバッグで有名なジップロックが出しているタッパーです。

www.asahi-kasei.co.jp

細かい部分まで使い勝手の良さを考えられているタッパーだと思います。

ざっくりと仕様を紹介すると

  • 正方形か長方形
  • スタッキング可能
  • 冷凍可能
  • レンジ可能(フタは外してずらす必要がある)
  • フタはブルーで透明
  • 重ねてコンパクトに収納可能

といったところです。

お気に入りのポイント

スタッキングのしやすさ

ジップロックコンテナーの最大の魅力は、サイズと形状だと思います。

最小で130ml、最大で1900ml、10種類ほどのサイズがあります。

私が持っているのは、長方形300mlと正方形700mlと正方形1100mlの3種類です。

f:id:waka2light:20190327163341j:image

それぞれスタッキングしやすい形になっていて、大きいサイズのコンテナーの上に小さいサイズのコンテナーを載せるとぴったりフィットします。

f:id:waka2light:20190327163354j:image
キレイにスタッキングできてズレない

私がジップロックコンテナーを2年使い続けたのは、これが一番大きな理由でした。

好きじゃないポイント

あくまで私の好みですが、ジップロックコンテナーで完璧に満足できない理由がいくつか。

フタの色

キッチン用品はなるべく白系統で揃えたい私にとって、フタがなのはちょっと気になってしまうポイントです。

でも青は好きな色なので、嫌ってほどではない。

全体的に薄め

本体もフタも、他社のタッパーと比べるとやや薄く感じます

特にフタの扱いがちょっと難しいです。
勢いよくフタを開けると、割れることが…
丁寧にやれば良いのですけど。

f:id:waka2light:20190327163411j:image

レンジ加熱の際にフタを開ける必要がある

ジップロックコンテナーはフタもレンジ可ですが、ほぼ密閉される容器なので、フタを開けて本体の上にずらして載せる形でレンジにかけます。

その手間がちょっと面倒かなと。

洗った後の水切れがよくない

ジップロックコンテナーのフチは丸くなっていて、この溝に水や汚れが溜まりやすいです。

f:id:waka2light:20190327163435j:image f:id:waka2light:20190327163444j:image

洗った後に立てかけて乾かしていても、この部分に水が溜まって乾きにくいのが地味~なストレスになっていました。

イオン「HOME COORDY そのままレンジ保存容器」について

ジップロックコンテナーのウィークポイントを感じさせないタッパーかもしれないと思って購入したのが、イオンの「そのままレンジ保存容器」です。

f:id:waka2light:20190327163549j:image

www.topvalu.net

この商品、大人気ですね。
セリアでもフタの色が違って形がほぼ同じ商品が販売されています。

仕様は

  • 丸みを帯びた正方形か長方形。丸型もある
  • スタッキング可能
  • 冷凍可能
  • フタをしたままレンジ可能
  • フタは白で不透明
  • 重ねてコンパクトに収納可能

お気に入りのポイント

フタの色

フタが真っ白で、冷蔵庫の中で主張しないのが嬉しいです。

不透明なので上から中身を判別することができませんが、私は横から見ることが多いので不便に感じたことはありません。

フタの開け閉めがしやすい

ジップロックコンテナーと比べると、フタがスムーズに開け閉めできます。
そのままレンジ保存容器は密閉ではありません

フタが割れるほど開けるときに固いジップロックより、こちらの方が私は断然使いやすいです。

そのままレンジでチンできる

フタをぴったりしたままレンジに入れてチンできます。
フタを開ける手間がないのが簡単で嬉しいです。

水切れの良さ

このタッパーの一番のウリだと思いますが、フチに余計な溝がないので、水や汚れが溜まりません

f:id:waka2light:20190327163506j:image

洗いやすいし、洗った後にスムーズに乾くので、ストレスフリーです。

好きじゃないポイント

スタッキングしにくい

スタッキングできないわけではありません。
でも、重ねることに特化した作りにはなっていません。

同じサイズのタッパーを重ねてもズレやすいですし、他のサイズがぴったりのせられるように規格が統一されているわけでもありません。

f:id:waka2light:20190327163517j:image

ジップロックコンテナーの収まりの良さに慣れていると、ちょっと不便さを感じてしまいました。

大きいサイズがない

そのままレンジ保存容器の最大サイズは850mlです。

我が家では一度に作る量が多いので、850mlではちょっと足りないです。

もう少し深めで1000mlくらい入るものが出れば嬉しいな~。

スポンサーリンク

どっちが良い?

ジップロックコンテナーとイオンのそのままレンジ保存容器、それぞれ使ってみましたが…

どちらも一長一短あるので、どちらかには統一できない

という結果になりました。

そのままレンジ保存容器に大きいサイズが出れば、乗り換えもありかな~とは思いますが、今のところは保留です。

そのままレンジ保存容器は、ご飯の保存に使っています。
夫が特に気に入っていて

力任せに開けてもフタが割れない!フタしたままでもレンジでチンできる!

と感激していました。

また、他にも良さそうなタッパーを見つけたら試してみようと思います。

ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
楽天ROOMはこちら。 わかこの楽天ROOM