洋服

急にコスメを買いたくなったのは、自分に自信がなかったから

秋らしい季節になった頃から、急にコスメをあれこれと買いたくなりました。

今持っているものでは満足できず、季節が変わったのもあって
「秋冬らしいコスメが欲しい」
「保湿がしっかりできるスキンケアアイテムが欲しい」
と、物欲でいっぱいになってしまったのです。

そして、あれこれ買ってしまいました。

冷静になって考えてみると、本当に欲しかったのかな?

自分に自信がなかった故の行動だったのかもしれないと思います。

秋冬もののコスメが欲しくなった

10月に入った頃から、コスメ欲が強くなりました。

秋冬らしいカラーのコスメが欲しい…!!

秋になると、ワインレッドとかバーガンディとか、そんなカラーを身につけたくなるものです。

お店でも、ダークカラーのコスメや洋服がずらりと並び、物欲を刺激します。
ネットでも新作コスメの情報をたくさん目にします。

秋になったのだから、秋らしいカラーを身につけなくてはならない…

そんな思い込みが生まれてしまいました。

スポンサーリンク

高保湿のスキンケアアイテムも欲しくなった

空気が乾燥するようになり、ハンドクリームやボディクリームも新しいものが欲しくなりました。

別に、今までのスキンケアアイテムでも過不足はなかったんです。

  • 体のあらゆるところの保湿にホホバオイルとワセリン
  • ハンドクリームはリーズナブルなアトリックス

(ワセリンはシンプルなパッケージのメンタームが断然おすすめ)

 

とりあえずこんな感じだったのですが

もっと美容に気を遣って、ちょっと良いものを使ったほうがいいんじゃないか…

という感情が生まれたのです。

購入したもの

しばらく物欲に抗ってみたものの、結局負けてしまい、いくつか購入しました。

アイシャドウ

秋カラーのアイシャドウは本当に可愛いですよね。
目元に深みが出るし。

私は奥二重であんまりアイシャドウの色がはっきり見えないんですが、それでも可愛いと思って買ってしまったー!

レッドブラウンですよ…かわいい…しかもプチプラ…

買った理由はやはりプチプラだからですね。
ワンシーズン使って、それで処分しても惜しくないなって。

クレンジング

今持っているアイシャドウはナチュラグラッセのもので、ホホバオイルで落としていました(本来はクレンジング推奨のアイテムなので自己責任で)

セザンヌのアイシャドウもホホバオイルで落とそうと思っていて、実際に使ってみたところ…

お、落ちない… 

まさかの、クレンジングを購入する必要が出てきてしまいました。

私は基本的に石けんで落とせるメイクをしていて、アイシャドウにホホバオイルを使う以外でクレンジングは必要ありません。

ここでクレンジングを買わなくちゃいけないのは盲点だった…

クレンジングは、無印のミニサイズのものを買いました。

マイルドミルククレンジング(携帯用)

ボディクリーム

普段はワセリンなどを使っているので、ちょっと目新しいものを使いたくなって購入。

マツキヨのブランド「アルジェラン」のボディミルクです。

アルジェラン モイストボディミルク

アルジェランはリップが人気ですよね。

ボディミルクもパッケージがシンプルでおしゃれだったので、店頭で見て気に入りました。
使い心地も申し分なく、問題なく使えています。

でも、新しいものを買わなくても、別に今までの保湿でもよかったなーって。

スポンサーリンク

美容にお金をかけたくなった理由

今まで、さほど美容にお金をかけるタイプではありませんでしたし、物を減らしてからはより一層シンプルケアになりました。

それでも何故、美容にお金をかけたくなったのでしょうか。

みんなと同じでないといけないという思い込み

街へ出れば、さまざまな商品が目に入ります。

それらは全て「たくさん売りたい」という、売る側の気持ちがこもったものばかり。

売るために、あの手この手で購買意欲をそそる仕掛けが組み込まれているんです。

秋冬はこんなカラーが流行る!
このアイテムが可愛い!
持っているだけで気分がアガるパッケージ!

心にグッとくるキャッチコピーや、たくさんの人が買ったというクチコミを毎日のように目にしていたら、欲しくなって当然ですね。

私自身、インスタでそういう情報をあえて見ていたようなところがありました。

何か新しいものを買って身に付けなければ…

という感情がムクムクと育っていったんですね。

シンプルメイク・ケアへの飽き

アイシャドウやリップは季節に合ったカラーでなくても、自分に合う色ならそれで十分。

保湿だって、特別な成分が入っていなくても、ホホバオイルやワセリンで私の肌にとっては問題ないんです。

でも、人間というのは不思議なもので、ずっと同じものばかり使っていると飽きてきちゃうんですね。

問題ないし満足しているのに、何か足りない・何か足さなければという気持ちになってしまったんです。

もっと綺麗でいなければという焦り

20代の頃と比べると、30代は少しずつ年齢に合った変化が訪れます。

以前よりも乾燥が気になるとか、顔がぼやけて地味に見えちゃうとか、そんなことが気になるようになってきました。

年齢とともに変化していくことを自然と受け入れられるといいんですが、どうしても若くいたいとか綺麗でいたいという気持ちが出てきてしまいました。

シンプル美容を達成するコツ

人と比べないためにSNSはほどほどにする

私の今回の物欲は「人と比べてしまった」からこそ出てきたものかなと思います。

特にInstagramは、おしゃれな方の写真がいっぱい。
メイクやスキンケアに関するアカウントでは、この商品がオススメだとか、これを使えば綺麗になれるといった謳い文句で物欲を刺激します。

どこのだれかもわからない人の写真を見て、自分と比べても仕方ないですよね。
しかもインスタに載せる写真は、その人にとって特に良く撮れた(盛れた)写真ですから。

みんながみんな、キラキラした生活を常に送っているわけではないんだよなぁ

インスタなどのSNSの利用は最低限にするのが自分にとってはいいなと思いました。

買ったものは使い切る

ミニマリストの方なら、まだ中身が残っていても、使わないと思ったら処分するのが定説だと思います。

でも、今回は買ったものはきちんと使い切ろうと思いました。

スキンケアをシンプルにしたかった理由の一つに「節約」があります。

まだ使えるものを捨てるのは、節約の真逆の行為です。
私の場合は、気に入らなくて使わなくなったというわけではないので、しっかり使い切ってから、また買うかどうか考えます。

自分にとってちょうどいい量を目指したい

シンプルライフは一日にしてならず。買い物の失敗もたまにはあります。

買う喜びや持つ喜びも味わいつつ、足したり引いたりして試行錯誤しながら、自分にとってちょうどいい量を見つけられたらいいなと思います。

ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
楽天ROOMはこちら。 わかこの楽天ROOM