白と色々。

シンプルライフを目指して断捨離中。日々の暮らしを絵日記で綴ります。

毎年恒例の梅仕事

f:id:waka2light:20160610131449j:plain


毎年恒例の梅仕事。
梅シロップを漬けました。

毎年同じように作っても、少し味が違うところが興味深いです。



梅仕事をやるようになったきっかけ

毎年、この季節には梅仕事をやっています。

数年前から始めました。
最初は、雑誌かネットで見たのがきっかけだったと思います。
近所のスーパーで梅と氷砂糖を買ってきて梅シロップを漬けました。

実家暮らしなので、台所に立つ機会は多くはありません。
だからこそ、すごく特別なイベントのように感じられたのを覚えています。

両親も影響されてきた

最初の数年は、私が梅シロップを漬けるだけでした。
でも、それを見ていた両親も面白がって、一緒に漬けるようになりました。

私は梅シロップ、父と母は梅の砂糖漬けや醤油漬けなど。
母は、漬け終わった梅の実をジャムにしたりもします。

そうして、家族みんなで漬けるようになったので、瓶がどんどん増え、今年は大小合わせて7つも梅が漬けられた瓶ができました。

おばあちゃんの梅の実

ずっと、スーパーで買った梅を使っていましたが、去年からは田舎の祖母の家になる梅を使っています。
今までは、祖母自身が梅干しを漬けていたそうなのですが、だんだんとその作業も大変になってきたようで、我が家に送られてくるようになりました。

祖母の家で実をつけた梅だと思うと、なんだか思い入れも強くなります。

夏を感じる爽やかさ

二週間ほど漬けて、仕上がった梅シロップは、水で割って飲んだり、かき氷にかけて食べたりします。
クエン酸が夏の体にも良いそうですね。

この味わいで「夏が来たな~」と感じられます。