白と色々。

シンプルライフを目指して断捨離中。日々の暮らしを絵日記で綴ります。

似たデザインのバッグ。必要なら無理に断捨離することはない

f:id:waka2light:20160620214454j:plain

同じような用途のレザーのショルダーバッグが3つ。
さすがに3つも必要ないなと思い、まずは一番使用頻度が少ないものを1つ断捨離しました。

レザーのショルダーバッグが3つも残っていた理由

断捨離をして、バッグの量も減らしました。
それでも、レザーのショルダーバッグが3つ残っていました。

同じ素材、似たようなサイズ、似たような色。
レザーってちょっとお高めで、しかもお手入れして使うと長持ちするので、なかなか断捨離の対象にならなかったんです。

まずは一つ手放しました

3つのうち、ブラウンのショルダーバッグはほとんど使っていませんでした。
マチが薄くて、あまりたくさん物が入らないからです。

私は普段から荷物が多いタイプなので、マチが薄いバッグはあまり持ちません。

ということで、あまり抵抗なく手放せました。

できれば一つにしたいけど…

レザーのショルダーバッグ、2つも必要なのだろうか…
とはいえ、なかなか一つに絞ることができません。

一つは、大きめで一番使用頻度が高いもの。
ミラーレス一眼くらいなら入ります。

もう一つは、ちょっと小ぶりで上品なファッションにも似合う感じ。
母から誕生日プレゼントで買ってもらったものです。

使う場面が違うので、それぞれにそれなりの役割があります。
このどちらか一つにするというのは、今の私にはできませんでした。

後悔のない断捨離を

断捨離をしてミニマリストになりたいと思うと、捨てられないことに対して罪悪感を抱きます。

「どうして私はこんなに執着してしまうのだろう」
「ミニマリストの人たちは、バッグは3つとか5つとかしか持っていないのに」

こんな風に、できない自分を責めてしまうんです。

でも、人によって、必要なものは違います。
いくら物を減らしたいからといって、必要なものまで捨ててしまう必要はありません。
人と比べて、物を減らせていないことに対して落ち込む必要はないと思います。

時には「保留」にしてもいい

私の場合は、いつかどっちか手放してもいいなと思える時までは、しっかり使おうと思いました。
もしかしたら、もっと良いショルダーバッグを買って、2つとも手放すかもしれませんよね。

「処分しなきゃよかった」と思ってしまっては本末転倒なので、断捨離初心者なら尚更のこと、じっくりと考えて保留にするのも良いのかもしれません。

まずは、難易度の低いものの断捨離から実践して、徐々に慣らしていくのが良いと思います。