白と色々。

シンプルライフを目指して断捨離中。日々の暮らしを絵日記で綴ります。

カタログギフトはすぐに申し込もう!

引き出物でいただいたカタログギフト。
何を注文するか迷って、ついついそのままに。

なるべく早く申し込んで、カタログは処分!

引き出物の定番、カタログギフト

結婚式の引き出物として一般的になったカタログギフト。
物を増やしたくないミニマリストの方や断捨離中の方には嬉しいですね。

今までに数回出席して、新郎新婦が選んだものだったり、カタログギフトだったり様々でした。

私がいつか結婚式をするとしたら、引き出物を自分で選ぶかカタログギフトにするか、どっちだろう…

自分のセンスで選びたいという気持ちもありつつ、来てくれた方にカタログで自由に選んでもらうのが今の主流なのかな~と、いろいろ考えてしまいますね。

カタログギフトは、もらったらすぐに申し込もう

カタログギフトって、申し込み期限が結構長いです。
私が今回いただいたものは、半年くらいの期限がありました。

カタログを見ていても何にするか迷うし、まだ時間があるからと、ついつい申し込みを先延ばしにしてしまいますが…


申し込んでないカタログがずっと手元にあって「あー、そろそろ申し込まなきゃな~」って頭の片隅にずっと存在がある状態って、勿体無い気がしませんか?

カタログ自体も、まあまあの大きさ。
「これがなければスッキリするのに」という気持ちをしばらく抱えているのって損です!

迷っている時間が勿体無いので、すぐに申し込みましょう。
結婚式が終わって一週間以内だと、結婚式の余韻もありつつハッピーな気分で選べます。

選ぶなら「消えもの」を

カタログには様々な商品が掲載されているので、迷います。
選択肢が多ければ多いほど悩まされます。

物を増やしたくないミニマリストが選ぶものは「消えもの」が良いかと思います。

  • 食品

普段あまり買わないような、ちょっといいものを食べるのに良い機会です。

  • 経験

レストランやカフェなどの招待、いろんな施設での体験、エステなど。

  • 支援

さまざまな団体への寄付など。

  • 消耗品

スキンケア用品、石けんや洗剤など。


魅力的な商品がたくさんあるカタログギフトですが、自分がどうしても欲しいと思っていたものは別として、あるものの中から選ぶというのは「本当のお気に入り」を見つけにくいかなと思います。

それなら、食べたり使ったりしたらなくなるものを選ぶのが一番かと。

私が選んだもの

私は胃の調子が万全ではなく、おいしいものが届いても食べられないので、消耗品にすることにしました。

前から気になっていた石けんがちょうど掲載されていたので、そのセットを。

水洗顔をしていると記事に書きましたが
www.wakalight.net

メイクを落とすときや、体を洗うのには石けんを使っているので。

届くのが楽しみです。