白と色々。

シンプルライフを目指して断捨離中。日々の暮らしを絵日記で綴ります。

夏バテ対策に甘酒を飲んでいます

「飲む点滴」と言われるほど栄養豊富な甘酒。

米麹でできているものなら、ノンアルコールなのでお子様や妊婦さんでも安心。

これで猛暑を乗り切りたいです。

甘酒は夏の飲み物です

温かい甘酒を冬に飲むのが普通だと思っていたのですが、実は甘酒って夏の飲み物なんだそうです。

甘酒|森永製菓

寒い季節のイメージが強い「甘酒」ですが、俳句では実は夏の季語。江戸時代には、厳しい暑さを乗り切る“夏バテ対策”の飲み物として親しまれ、甘酒売りが夏の風物詩にもなりました。

虚弱体質だと、夏は毎年のように食欲不振となって体調を崩します。
甘酒なら手軽に栄養がとれるかもしれないと思って、早速飲み始めてみました。

米麹の甘酒が飲みやすい

甘酒は、昔飲んで「お酒っぽくておいしくない」と思って以来、全く飲んでいませんでした。(お酒が飲めない体質です)
その時飲んだものは酒粕で出来ているものだったようです。


米麹でできている甘酒なら、アルコールは含まれておらず、自然な甘みを味わえます。

苦手意識のあった甘酒ですが、米麹のものなら飲めました。

ただ、ゴクゴクと飲める感じではなかったです…

甘酒は凍らせるとおいしい

そのまま飲むと、ドロドロしているし喉につっかえそうだったので、凍らせてみました。

甘酒は冷凍庫で凍らせてもカチカチにはならず、シャリッとしたシャーベットのようになります。
そのままスプーンですくって食べてみるといい感じ。

コップから直接飲むより、スプーンで一口ずつ食べるのが私には合っていました。
冷たいままたくさん食べるとお腹が冷えそうなので、少しずつ。


甘酒が苦手な場合は、私のように凍らせてシャーベットにして楽しんだり、豆乳と割ったりショウガを入れたりすると良いそうです。


私は「黒みつをかけたらおいしいかも?」とひらめいたのですが、まだ試していません。
コクのある味のものと合わせるとおいしいのではないかと思います。