おすすめ

GWのお出かけに。おしゃれなミュージアムNIFREL(ニフレル)に行ってきました

ゴールデンウィークは、いかがお過ごしですか?

大型連休はどこも混雑しますし、これから紹介するニフレルもたぶん混んでいるとは思いますが、ゴールデンウィークのお出かけにぴったりかなと思ったのでご紹介します。

私が行ったのは去年の秋頃なんですが、ブログに書きそびれて今更の記事です。
もしかしたら、現在と展示内容が変わっているかもしれません。

大阪の新名所、ニフレルがおすすめの理由

新名所と言いながら、オープンして数年経ちますが、万博記念公園にあるニフレルがおすすめです。

おすすめの理由としては

  1. 親子でもカップルでも友人同士でも楽しめる
  2. 屋内なので天候に左右されない
  3. 良い意味でこぢんまりとしているので疲れない
  4. 魚も動物もみられる
  5. 駅チカ
  6. 食事の場所に困らない

などなど。

大阪の水族館といえば海遊館が有名ですよね。
私のおすすめスポットでもあるのですが、がっつり魚見ます!って気分のときに行くところだと思うのですよ。

水族館行きたいよねー、でも動物園も行きたいよねー

みたいな気持ちのときに、ニフレルはちょうどいい場所かなって思います。

スポンサーリンク

ニフレルの基本情報

アクセス

大阪モノレール「万博記念公園前」から徒歩すぐです。
駅から出たら建物が見えます。

外観

駅から見える、太陽の塔!


連休中は難しいかもしれませんが、太陽の塔は予約すれば内部の見学も可能です。

外観はこんな感じです。

ニフレルの展示内容

ニフレルは”感性に触れる”をテーマとした生きているミュージアムです。

普通に生き物を展示しているのではなく、さまざまな見せ方で、動物の生態を観察したり触れ合ったりできます。

おしゃれな展示なので、インスタ映え間違いなし

いろにふれる

このゾーンは、照明の色がゆっくりと変わっていくので、いろんな雰囲気を楽しむことができます。

生き物たちも、カラフルなものが多いです。
特に写真映えするゾーンかと。

わざにふれる

このゾーンでは、擬態するなどいろんな技を持った生き物が展示されています。

水槽の高さが低く設定されていて、上から覗くことができるので、生き物との距離感が近く感じられます。

手を入れて、ドクターフィッシュにツマツマしてもらえる水槽もあります。

すがたにふれる

不思議な形の生き物が多いゾーンです。

ちょっと変わった魚が好きな方は特に気に入るゾーンなのではないかと。

クラゲやチンアナゴなど、人気の生き物もいます。

かくれるにふれる

周りの環境にそっくりに変化させて、外敵から身を守る生き物が展示されているゾーンです。

カメレオンもいました!

みずべにふれる

水辺に生きる大型動物がいるゾーンです。

ホワイトタイガーやワニ、ミニカバなどを間近で見ることができて大迫力です。

ミニカバは、最近赤ちゃんが生まれたとのことで、可愛い姿を見たいなら今がチャンスです。

カフェもあります。
おなかいっぱいになれるフードや、スイーツなど。
食べる水」もありますよ。

うごきにふれる

フクロウやペンギン、ワオキツネザルなどがいるゾーン。

鳥は囲われていないので、私たち人間のそばに寄ってくることも。
飼育員さんの解説も聞けます。

面白い行動をするので、シャッターチャンスを逃さないように!

つながりにふれる

大きなスクリーンで映像を見られるゾーンです。

2018年秋に行ったときの情報ですので、現在とは展示内容が異なっている場合があります

ニフレルを楽しんだあとは?

エキスポシティ

ニフレルの周りには、他にもいろんな施設があります。

  • 観覧車
  • ANIPO(アトラクション)
  • ひつじのショーンファミリーファーム
  • OSAKA ENGLISH VILLAGE(英語村)
  • ららぽーと(アウトレットモール)
  • 109シネマズ大阪
  • VSパーク(スポーツアクティビティ)

盛りだくさんなので、お子様連れに特におすすめ!

アウトレットモールのららぽーとがあるので、ニフレルの後で買い物したりご飯を食べたりするには十分です。

ららポートの中にはペットショップがあるので、ニフレルの余韻に浸りつつ、そこでも小動物や熱帯魚などが見られます。
(展示施設ではないので、お買い物目的で行きましょう)

万博記念公園でのんびりピクニック

モノレールの線路を挟んで反対側には万博記念公園があります。

季節ごとの植物もきれいですし、ピクニックに最適です。

GWや夏休みにどうぞ。

GWはもうすぐ終わるので、夏休みに行くのも良いかもしれません。

暑い季節に動物園行くのって大変でしょ。
ニフレルなら、室内で大型動物が見られますよ。

海遊館や他の大型水族館と比べると少し小さめなのですが、その分いろいろな技が凝縮された施設だと思います。
水族館や動物園といったカテゴリではなく「ミュージアム」なので、生き物だけを純粋に楽しむというよりは、展示の工夫も楽しめる場所です。

子どもも楽しいけど、大人も楽しめるはず。

他にも水族館や動物園などがある中で、わざわざニフレルを選ぶ理由としては

  • 規模が大きくないので、疲れずに他の施設も回れる
  • 他にはない面白くておしゃれな展示が見られる
  • 間違いなくインスタ映えする写真が撮れる

こんな感じでしょうか。

展示がとてもおしゃれなので、写真好きな人にもおすすめです!